wimaxやwifiの有効活用について

私は、スマートフォンに加えてwifiモデルのタブレット端末を持ち歩いています。当初はスマートフォンのテザリングでタブレット端末を利用していましたが、とにかく毎月3ギガが上限の契約のため、とにかくあっと言う間にデータ上限に達してしまいます。かといって、データ通信の、上限を多少あげたくらいでは焼け石に水です。

そこで考えたのが、wifiの有効活用です。

もちろん、タブレット端末はwifiモデルであり、キャリアの公衆wifiは利用することができません。しかしながら、今は本当にいろいろなところで無線LANが使える環境がふえつつあります。例えば、どうしても大きなデータを送受信したい場合、かつ、スマートフォンではなく、タブレット端末が必須というデータの場合は、カフェに、入ってデータ通信を行うことが有効です。

何しろ、コーヒー一杯でデータ通信ができる環境にあるからです。実際にこうしたスポットを自分の行動範囲の中から探し出して、きちんと把握しておけば、かなりのカバー率でデータ通信の課題は解消されるはずです。やむなき場合のみ、スマートフォンの、テザリング機能を使うことにすれば、さほどデータ通信料もかさまず、問題なく利用可能です。

気軽に利用するのでしたら是非wimax2+も用意したいですね。