カテゴリー別アーカイブ: wimax2+

速度規制について感じること

wimaxには事実上速度規制があります。契約している会社によって多少の違いがあるかもしれませんが、私の利用しているwimaxでは3日間で3ギガバイト以上の利用で、速度規制がかかるかもしれないということになっています。インターネットで契約している会社の自分のページを見れば自分の毎日の通信量を見ることができますが、3日間で3ギガバイト以上使っていることは珍しくありますせんが、それほど速度規制になっているように感じることはありません。

私の場合は自宅のパソコンのネットサーフィンを利用しているので通信量がかさむこともあるのですが、スマートフォンやタブレットが中心であれば3日間で3ギガバイトも使うことはまず無いでしょう。ただし、ユーチューブなどの動画のストリーミングをよく利用するという人は厳しいかもしれませんが。

それでも1年半以上wimaxを利用しているうちに3回ほど速度規制に引っかかっているようだと感じたことがありました。はっきり言えば、自宅のパソコンのネットサーフィンにはなかなか厳しい速度までなっていました。

スマートフォンやタブレットでは速度規制にかかっても普通に使う分にはあまり影響はないと思います。これも人の感じ方次第のところもあるので、断言はできませんが、注意して利用すれば私にとってwimaxはかなり使えると思っています。コスト削減効果が高いものでですから次もwimaxにする可能性が高いでしょう。

スマートフォンとWifiの併用術

最近、動画や音声をスマホで聞く機会が増えてしまい、その結果、携帯のパケット上限を軽々と超えてしまいました。

金を払ってパケット上限を上げ続けたら月の携帯代がとんでもないことに・・・。

こりゃたまらん!まず私の打った対策は以下の通りです。

コンビニの無料Wifiを使う

ファミリーマートやローソンでは無料Wifiを使えます。
LINEで送られてきた動画を落とすため、さっそく
近所のローソンへ移動、そして無料Wifi接続!

・・・Ponta会員じゃないと使えませんでした。

会員手続きとか、面倒くさがりな私には無理。

したがって、いちいちコンビニに移動するとかも無理。
無料Wifiは日常使いはできませんでした。

Wifiを契約してしまう

面倒くさいけどお金かかるけど、もうこれしかありません。
携帯できるWifiを契約しました。
使ってみると、かなり良いです。

以下にメリット・デメリット挙げておきます。

■メリット

 ・動画、ネットが高速で閲覧できる
 ・パケ代を気にしなくていい
 ・これひとつで携帯でもネットでも通信できる
 ・移動中も使える。実家に帰った時もネットができる

■デメリット

 ・月々の費用がかかる(契約する会社によるけれど大体3000円から5000円)
 ・一度契約したら決まった期間は使い続けなければならない

私自身はWifi、メリットのほうが大きいかなと思っています!
wimaxを利用するのもおすすめです。

1人暮らしのネットはwimax一択!

1人暮らしならネットをするのは1人しかいないですから、モバイルwifiでほぼすべて事が足ります。

PCもスマホもモバイルwifi経由で行えばネットの費用を一本化できます。
家の光回線+スマホのパケットを、モバイルwifi一本化すれば費用は結構節約できます。

その中でもwimaxを一押しします。
理由は通信制限のかかり方です。

ほかのモバイルの通信制限は「懲罰的」と言っていいほど速度が下がります。メールやメッセージ程度なら大丈夫ですが、ちょっと画像があるホームページを見ようとするとかなりのストレスを感じます。

wimaxは動画もイケる

wimaxも速度制限がかかりますが、ここまで懲罰的ではありません。

私の経験上、制限がかかった場合でも普通にホームページをみるのは「少し遅いな」くらいで、youtubeなどの動画を見るのもそこまで問題ありませんし、一晩我慢すれば回復します。

これは私の個人的な判断ですが、ネットに動画の画質を求めるのは少し無理だと思います。光回線のものも、何度か見ましたが結構画質が低いものが多いです。本当に映画などを見る場合にはDVDを借りて見た方が画質も音質もいいのでそちらの方がいいと思います。

あ、huluとかネットフリックスとかU-nextはYouTubeみたいに画像は荒くないですし、普通のDVD以上の画質ですけどね。

ちなみにwimaxも弱点はあります。電波の強さが少し弱いです。コンクリートの厚い建物の中などは結構弱くなります。(頑張ってアンテナ張ってほしいなぁ)

でも、この辺は少し「電波を探す」って事をすれば、たいてい条件のいい所を探すだけでOKです。
自宅でも、「置き場」を決めてしまえば家では十分に速度が出ると思います。

一人暮らし用のインターネットのキャンペーンを比較してみた

私は、一人暮らしのインターネットだったらwimax一択です。

ちょとキャンペーン内容を比較してみましたが、フレッツ光やauひかりのキャンペーンよりもwimaxの方がキャッシュバック金額も高かったりしてお得感があります。

わかりやすいWiMAXキャンペーン比較ナビ【損をしない選び方】

ネットの工事なしで3万円だったらかなりいいと思いますよ。
GMOとくとくBBが毎月かなり良いキャンペーンを行っているのでとりあえずチェックしてみましょう。

Wi-Fiがない生活は大変、もう考えられない

我が家は自分も妻もiphoneを使っています。

通信制限は一番安い2GBなので、普通にYouTubeなどを寝ながら使っていたら、あっという間に制限オーバーです。毎朝晩の筋トレには必ずYoutubeからボサノバの曲をかけてますし、寝ながら動画を観ることも多いので、Wi-Fiで使いたい放題はとても助かります。

自分たちは音楽を聴くのも動画を観るのも自宅が多いので、自宅のWi-Fiがあれば、通信制限の2GBで余裕がありますね。

Buffaloの通信範囲の広いWi-Fiを使用しているので、2階の寝室はもちろん、庭先でバーベキューするときも十分つながります。みんなでバーベキューしながら夏の音楽をいろいろ聴けて楽しいです。

逆に旅行先のホテルでWi-Fiがないのはつらいです。ソフトバンクしかつながらない店とかも不便ですね。

お気に入りのスパがWi-Fi使用できるのは嬉しいです。温泉⇒休憩:スマホ⇒岩盤浴⇒休憩:スマホ⇒温泉みたいな感じで不自由しません。

自宅のパソコンはパソコンでかなりの頻度で使用しているので、まとめてドコモ光パックにしてますが、もう少し費用が安くなると助かります。

便利な生活に慣れてしまったので、もうWi-Fiのない生活はイメージできないですね。

スマホならびにWi-Fiを発明してくれた方と時代に感謝です。

海外の方が進んでいると感じた無料Wifiスポット

海外旅行でネット環境を利用して情報収集しながら観光するというのが当たり前になってきていると思います。日本は無料のWifiスポットというのが少ないのでスマートフォンを使って、テザリングしながらつなげるなどしないとまだまだ対応できていないところが多いように思います。

実際に私の経験からフランスのパリの小さなホテルでもWifiの無料スポットの環境が整っていました。ホテルそのものは最新のハイテクなホテルとは間逆でどちらかというと古い昔からのホテルでしたがやはり観光都市ということもあってこういう古い建物でもネットのインフラは日本よりも進んでいるのだと感じました。

私のスマートフォンは海外では使えなかったのでこの無料Wifiがとても便利で助かりました。特に地図を検索したり、現地の最新情報を得るにはガイドブックよりもネットの方が早いので断然Wifiがないと不便に感じます。

特に個人での海外旅行はいろいろ事前に調べないと不安でしたが、無料Wifiがつながれば何でも調べたり、日本語での連絡や対処もできるので心強いと感じました。確かに有料でなら契約してつながりますが、やはり無料ということで何の準備もなくすぐにつながるというところがいいと思います。

wima2+の速度制限はYouTubeを見る分には問題がない

最近、wimax2+に新しく移行しました。移行する前にいろいろとwimaxに関する評判をみていたのですが、ギガホーダイではあるけれども使用制限があるとの意見を多く見受けました。

実際に使ってみていると、思ったより、不自由なく使わせてもらっています。主な使用用途として、webページ閲覧、Youtube視聴等々、一般的な目的であるといえます。

また、たとえ使いすぎていたとしてもYoutubeの視聴に関しては、速度制限がかかることはないそうです。(実質3日で、3GBの制限があるのですが)私は今まで制限にかかったことはありません。制限がかけられる前や直前になにかお知らせの通知はとどくのでしょうか。

クチコミをみると、速度制限は普通にwebページを見る分には支障はないらしく、気づかないうちに実は制限がかかっているのかなあと少し疑問に思ったりしました。

使い勝手として、絶対に、固定のルーターよりは柔軟であることは間違いありません。いつでも持ち運びでき、屋外屋内問わず、電波が届くところであればインターネットが使えるのは大きな強みだと思います。これからは将来にわたってもっともっとこのwimaxにも勝モバイルルーターが登場するかもしれませんが、現段階でwimax2+に申し分ありません。

wimaxやwifiの有効活用について

私は、スマートフォンに加えてwifiモデルのタブレット端末を持ち歩いています。当初はスマートフォンのテザリングでタブレット端末を利用していましたが、とにかく毎月3ギガが上限の契約のため、とにかくあっと言う間にデータ上限に達してしまいます。かといって、データ通信の、上限を多少あげたくらいでは焼け石に水です。

そこで考えたのが、wifiの有効活用です。

もちろん、タブレット端末はwifiモデルであり、キャリアの公衆wifiは利用することができません。しかしながら、今は本当にいろいろなところで無線LANが使える環境がふえつつあります。例えば、どうしても大きなデータを送受信したい場合、かつ、スマートフォンではなく、タブレット端末が必須というデータの場合は、カフェに、入ってデータ通信を行うことが有効です。

何しろ、コーヒー一杯でデータ通信ができる環境にあるからです。実際にこうしたスポットを自分の行動範囲の中から探し出して、きちんと把握しておけば、かなりのカバー率でデータ通信の課題は解消されるはずです。やむなき場合のみ、スマートフォンの、テザリング機能を使うことにすれば、さほどデータ通信料もかさまず、問題なく利用可能です。

気軽に利用するのでしたら是非wimax2+も用意したいですね。